はじめの一歩の打ち切りの真相は?イコウフジカワって誰?噂まとめ!

スポンサードリンク

日本で一番住みやすい街、福岡から皆さんこんにちは♪

初めまして、ムックです。

漫画「はじめの一歩」の連載が打ち切り…と言う情報が入ってきたので

その真相と、謎の人物「イコウフジカワ」とは

興味深いキーワードがでてきたので早速調べてみました。

 

スポンサードリンク

はじめの一歩とは

週刊少年マガジンで連載されているボクシングを題材にした人気漫画です。

私も毎週マガジンを買って楽しみにしていた漫画の一つです。

1989年43号から週刊少年マガジンで連載が始まって、

現時点では119巻まで発行されています。28年間!!!!凄い!!

はじめの一歩のあらすじとしては、母子家庭で育った主人公『一歩』。

一歩は高校時代にいじめにあい、そんな弱い自分をなんとかしたいと思い、

ボクシングに出会います。

まっすぐで素直、努力を惜しまない性格からボクシングを初めて

メキメキと頭角を表します。

プロボクサーになり、それからチャンピオンを目指して行くという話です。

そんな中でボクサーとして人として成長していく所が私は好きでした。

面白く、ずっとみても飽きない漫画です。

それがはじめの一歩です。

打ち切りの真相

そんなはじめの一歩がついに連載打ち切りと言う話が上がっています。

まず、その理由としてはじめに上がったのが、はじめの一歩の主人公である一歩がパンチドランカーになったという話です。パンチドランカーとは頭部に蓄積されたダメージによりいろんな脳障害が(手の震えや歩行困難など)ボクサーが選手生命かかわる障害です。これらを裏付ける様に

線をまっすぐかけない

スパーリングで格下のパンチに当たりまくる

同じジム仲間の鷹村が『一歩は壊れている』と発言している

会長も壊れていると認識している

一歩自身も自分が壊れていないと言い聞かせている

このことからパンチドランカーになっていると思われます。

ただ一度は、その後疑いがはれましだが、

現在はそのパンチドランカー疑いがかかったままの初めての試合を連載している最中です。

そのため、一歩が引退しついに連載終了かと言われています!

イコウフジカワって誰

もう一つの連載打ち切りの噂は

はじめの一歩の作者、森川ジョージさんが意味深なことを書いています。

やり返す

イコウフジカワ

覚えとけ

誰かにケンカを売っているかのように想像できます。

ここに出てくるイコウフジカワは誰で何者なんでしょうか?

そもそも、人なのかどうかというところも分かりませんがw

詳しく調べてみました。

現時点では作者の意向が分かりませんので予想の範囲ですが、

イコウフジカワのイコウは伊香淳一さんという方。

イコウフジカワのフジカワは藤川さんという方が濃厚のようです。

イコウフジカワのイコウこと伊香淳一さんは講談社「週刊少年マガジン」編集部の方です。

イコウフジカワのフジカワことフジカワさんは週刊少年マガジンの編集部にいます。

ではイコウフジカワの2人の画像が気になるところだと思います。

では早速調査しました。

まずはイコウフジカワのイコウこと伊香淳一さんの画像から。

この一番右の方のようですね。

すごく優しそうな方ですね。

イコウフジカワのフジカワことフジカワさんは週刊少年マガジンに実在していますね。

まとめ

 

このことから作者森川ジョージさんは、伊香淳一さん、フジカワさんに何かされたと思っていることは間違いないようです。

予想の範囲ですが森川先生が電子書籍化をしようとしたときに講談社(イコウフジカワ)となんらかのトラブルがあったのでしょう。

今後の展開に注目して森川先生には一歩ずつすすんで欲しいと願っています。

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*