ロボコン30周年!初回と現在の比較や、今年の優勝校予想は!?

スポンサードリンク

皆さんこんにちは。サイボーグマンのムックです。

ロボコンが30周年を迎えると言うニュースが上がっていたので初回と現在の比較や今年開催の場所やスケジュールなど今年優勝校を予想して調べてみました。

スポンサードリンク

ロボコンとは

ロボコンの正式名称は「アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト」。 全国の高等専門学

校57校62キャンパスから124チームが 北海道・東北・関東甲信越・東海北陸・近畿・中国・四

国・九州沖縄で開催される 地区大会に参加し、激戦を繰り広げそこで選ばれた25チームが全国大会に

進むんですね~。 1988年に始まって以来、発想力と独創力を合言葉に 毎年魅力的なロボットが生

まれて次の世代に伝承されたり、そこから新しい発想が生まれたりとハイレベルな試合が繰り広げられ

ています。

ロボコン第一回大会

ロボコン初回はこんな感じだったんですね。何か人が乗っている?w

競技も乾電池カースピードレースだったんですね。まだ乾電池最盛期!!

ちなみにロボコン初回優勝校は沼津工業高等専門学校でした!!

そして現在第29大会

初期に比べるとかなり小型化され動力も乾電池からバッテリーに代わりセンサーが付いて無人で動く(無線で操作)30年でこんなにも進化しているんですね!

前大会の優勝校は

香川高等専門学校でした!!

今年の優勝校予想は

今年はどこの高専が優勝するのでしょうか。

その前に開催場所と日時の確認です。

日時

12月3日 15時から   

NHKで生中継で放送される予定です。

場所

有明コロシアム

住所

〒135-0063 東京都江東区有明2丁目2−22

最寄り駅

新交通ゆりかもめ 「有明駅」徒歩8分 /「有明テニスの森駅」下車 徒歩8分

りんかい線 「国際展示場駅」下車徒歩8分

駐車場

有明コロシアムには、同敷地内にある「有明テニスの森公園テニスコート」の利用者専用の駐車場があります。テニス観戦やスポーツを楽しむなど有明コロシアムを利用される人の為の駐車場となっています。

この駐車場の収容台数は242台、うち身障者用が2台と思いやりスペースが2台分あります。駐車場の利用時間は8:00~23:20で早朝営業の場合は6:30から利用することができます。駐車料金は1時間300円、以後30分毎に100円とそれほど高くは無いですが、最大料金の設定が無いので、長時間利用には向いていません。障害者手帳(身体障害者手帳、愛の手帳・療育手帳、精神障害者保健福祉手帳)の交付を受けている人は利用料金が免除になるサービスがあります。

また、自動二輪車は収容台数に限りがありますが、駐車場のクラブハウス近くに駐輪スペースがあるので、そちらも利用することができます。

さて気になる予想優勝校は、奈良工業高等学校 (万里一空)じゃないかと予想しています。

チームワークと万里一空に付いている二本の棒で風船を割りまくるでしょう!!全国大会常連校なのも強みの一つでもありますね!!

まとめ

いかがでしたか?

ただロボットを造るのではなく、毎回いろんなドラマがあるのも見どころの一つではないでしょうか。予想が当たったら自分にご褒美を買いますw

最後に学生たちの意気込みツイートです。

 

 

未来の家電を作るであろうエンジニアの卵たちがここから生まれていくのでしょう。

 

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*