楽天のケータイキャリアはいつから使える?どこで契約できるか調査!

スポンサードリンク

どうもこんばんは!ムムム!!ラクテンムックマーンですw

最近堅あげポテトの燻製チーズ味にドハマりしています。

そんなくだらん前置きはどうでもいい話ですが、みなさん携帯のキャリアはどこですか?

私は最近17年間使っていたDoCoMoからソフトバンクに乗り換えました。

そんな時にこんなニュースが!!

楽天は2018年1月にも総務省が新たに携帯電話向けに割り当てる電波の取得を申請する方針を固めた。

なんやて!!乗り換えたばかりやっちゅうねん!!w

今回は乗り換えを考えている人や、どんなサービスが受けられるのか楽天ポイントはどうなるのか、楽天会員特典はあるのか、他社との比較や月々の金額や販売店の予想まで調べてみました!

楽天がキャリアケータイになるとどうなるの?

楽天は14年から、NTTドコモから回線を借りて格安スマホ事業「楽天モバイル」を運営しました。ただ1契約あたりの収入が低い上に、ドコモに支払う接続料があるため利益率は高くない。

自前で周波数帯や設備を所有すれば投資負担は重いですが、大手3社からの接続料を支払う必要がなくなるため、サービス向上に資源を向けやすくなると判断したみたいです。

利幅を上げてその分、顧客のサービス向上ができると言う事ですね。

 

サービス開始はいつ頃か?

楽天の公式HPの説明では

2019年中のサービス開始を予定しているとの事なので総務省の許可が出てからになります。予想では許可が出てから会社を立ち上げ準備して早くて4月遅くても7月にはサービスが開始されるのじゃないかと予想しています。

販売店舗は

販売店舗は楽天モバイルの店舗に行けば契約できると予想しています。

販売店舗ですが主要3都市でショップリストを載せときます。

福岡で探す時

 

大阪で探す時

東京都で探す時

また楽天モバイルでは自宅まで出張できてくれて契約できます

しかも出張費無料です!!

おそらくキャリアケータイの契約もできると思います。

どんなサービスが受けられるのか?

楽天モバイルでは楽天会員限定のサービスや楽天ポイントでの支払いなどができまのでキャリアケータイでも同様のサービスを受けれる可能性がありますね!また楽天トラベルなどで楽天が提携している旅館やホテルで拓展の携帯を見せると何かしらのサービスが受けれるなんかもいいですね。

 

 

 

楽天からiPhoneは出るのか?

仮に楽天が1.7GHz帯(Band3)3.5GHz帯(Band42)の周波数を割り当てられたとすれば、双方ともiPhoneで利用できる周波数帯なので楽天がiPhoneを取り扱う可能性は大いにあります(すでに楽天モバイルではiPhone SEが販売されています)。これまでiPhoneの月額料金、本体価格、キャンペーン、下取り額などはほぼ3社で横並び状態でした。その均衡が楽天の参入で崩れる可能性が出てきました。

 

iPhone SE

 

なお3.5GHz帯(Band42)はiPhone 8/8 Plus、iPhone Xから対応の始まった周波数帯です。そのため古いSIMフリーのiPhoneに楽天のSIMを刺して使うと、十分な通信品質が得られない可能性はあります。ただ2017年度末に周波数の割り当てが決定しても、そこから基地局などの整備や既存利用者との調整が必要でありサービス開始は2019年度中になります。その頃に使われているiPhoneの多くはBand42に対応しているでしょう。

他社との比較

全国への基地局展開を行う携帯電話事業者になれば、他社に無い通販やフィンテック、デジタルコンテンツを包括的に提供できるユニークな事業会社になるでしょう。

ポイントサービスや、これまでのMVNO事業で得たノウハウを組み合わせて、「低廉で利用しやすい料金」を提供し、既存事業とのシナジーを追求するとしています。

 

他社料金比較は

D社

A社

S社

楽天もこの料金帯になるとおもわれます。

まとめ

ムムム!!いかがでしたか?今いろんな携帯会社があって迷いますよね。

楽天がどこまで料金を安くするかで乗り換えなど選ぶ選択肢になりうると思います。しかし25年までに全国に自社の電波基地局を整備するとの事なのでそれまでは電波の入らない場所が多々あると思います。

これからも末永く読者の皆様と繋がりたい楽天ムックでしたw

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*