安室奈美恵の紅白2017(第68回)の出場時間や歌う曲をチェック!

スポンサードリンク

皆さんこんばんは!!
昔、アムラーファッションの女の子に手当たり次第声をかけていた…どうもムックですw

そんなくだらん前置きはどうでもいい話ですが、安室ちゃん来年引退しちゃいますね。。。
そんな中、NHK紅白歌合戦の出演のニュースが!!

NHKによると、大みそか恒例の「紅白歌合戦」に、2018年9月で芸能界から引退することを明らかにしている安室奈美恵が、特別出演歌手として出場することになりました。

安室ちゃんの最後の紅白歌合戦になるでしょう。その紅白ラストステージを楽しめる様に前回出場した紅白の情報や歌う曲も予想してNHKと安室ちゃんの裏話まで調べたいと思います。

スポンサードリンク

安室ちゃん可愛くて素敵でダンスもキレキレでホントにパーフェクトな女性ですよね。
女性の人もファンが多くてファッションやメイク・髪型など参考にしている人も多いのではないでしょうか。男性は安室ちゃんの小麦色の肌や笑顔に惚れている人も多いとおもいます。

 

安室ちゃんプロフィール

安室ちゃんももう40歳なんですね。。。見た目は20代でも通用しますよね。

そんな若々しくなる秘訣がこちら↓

スキンケア大事ですもんね!!安室ちゃんの肌を見ればわかりますよね!

前回の紅白出場曲は

さてさて前回出場した紅白は第54回(2003年)で28番目に登場。曲は「SO CRAZY」す。

 

この紅白で出場した回数は9回目で意外と少ないというのが印象ですね。

 

安室ちゃんとNHKの裏話

実は、安室ブームが去った後、本人は紅白に出たかったのに所属事務所が積極的に営業かけてもらえず落選したことがあります。これがショックだった安室ちゃんは、それ以来どんなに事務所に紅白出場を頼み込まれても『あの時、見捨てた』と姿勢を崩さなかったらしいです。

2015年には安室さんはデビュー以来23年間所属した芸能事務所「ライジングプロダクション」から、レコード契約を結んでいる「エイベックス」系列の事務所に完全移籍することとなりました。2003年以降出場がなかったのは大人の事情が見え隠れする理由だったんですね。

今回出演オファーのNHK側は出演時間は20分ほども用意されていてステージ・演出・ギャラで3億円用意されていると言われています。

安室ちゃんサイドの出演条件はMC無しのフルコーラスだそうです。せっかく最後の出演でMC無しは寂しいですが、安室ちゃんがMC苦手な事を考えればしょうがないですね。。。

紅白登場は何番目?

気になるのは何番目に登場するかですね!

前回は29番目と中盤くらいで登場していますが、今回はやはり後半に特別出演枠を設けるのではと言う説と、やはりトリで一番最後に歌うという説がささやかれています。

前回赤組で出演していましたが、今回は何組で出るのでしょうか。安室ちゃんがでた組が優勝間違いなしでしょうw

紅白で歌う曲は?

またまた気になるのは14年ぶりに出場とあってどの曲を歌うのかです。

ここで今まで出場した時に歌った曲をリサーチ♪

1回目の出場:Chase the Chance(1995年)

2回目の出場:Don’t wonna cry(1996年)

3回目の出場:CAN YOU CELEBRATE?(1997年)

4回目の出場:CAN YOU CELEBRATE?(1998年)

5回目の出場:RESPECT the POWEROF LOVE(1999年)

6回目の出場:NEVER END(2000年)

7回目の出場:Say the word(2001年)

8回目の出場:Wishing On The Same Star(2002年)

9回目の出場:SO CRAZY(2003年)

やはりその年にブレイクした曲や事務所サイドが売り込みたい曲などですね。

新曲で選曲されるなら、「Just You and I」「Showtime」(10月から放送されている小泉今日子さん主演TBS系ドラマ「監獄のお姫さま」の主題歌)、「Hope」(フジテレビ系のアニメ「ONE PIECE」の主題歌)、「Do It For Love」(Hulu CMソング)、「Finally」(日本テレビ系 「NEWS ZERO」のテーマ曲)ですね。

いろいろと調べましたが、有力な候補は「Hero」ですね。リオオリンピックのテーマソングにもなり国民的にも知られている曲ですからね。

まとめ

皆さんはどの曲で歌ってもらいたいですか?どの曲でもいい曲だからメドレーでも歌ってもらいたいですね!!いろんな困難を乗り越えてきた安室ちゃんの集大成を年末皆で見ましょうね♪最後に奇跡の一枚と言われている写真でお別れです。それではまた!!

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*